「バトルフィーバーJ」コサック交代劇について思う【特撮魂】

※この記事は、以前アメブロで書いたものを加筆修正したものです。
ちょうど、YouTube東映の配信で、以前見たのと同じ回を見たので、再度アップしてみました。

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。
はまってるからまた書きたくて書く「バトルフィーバーJ」

created by Rinker
東映ビデオ
¥10,691 (2020/10/24 18:51:58時点 Amazon調べ-詳細)

ここのとこ見ていて思うこと。
思うにコサックの交代はかなり大きなターニングポイントだったんじゃないだろうか。

ということです。

「初代コサックでやる予定だったのでは」というドラマが後にも展開された

仲間が変われば、それによって周囲の立ち位置も変わるっていうのは、
自然なことなんだろうけどさ。
コサックが二代目になってからの数本を見た時に、
「これ、もしかして本当は初代コサックをメインで考えてたエピソードじゃないかなあ…」というのがあったんですね。

一番それが顕著に感じたのは、
37話「電光剣対風車剣」でした。

created by Rinker
¥110 (2020/10/24 18:51:59時点 Amazon調べ-詳細)

海の近くの村の守り神・龍神像のパワーを使った四面怪人が
出てくる回。
その村に住んでいる少年・タケシはと仲良くなるのはバトルケニアです。
四面怪人を村の守り神の龍神様だと勘違いするタケシは、

四面怪人をやっつけようとするバトルフィーバーたちをとめようとします。
龍神様をやっつけないで、そしたら、海に出て行方不明の父親も
帰ってきてくれなくなる。。。と

そんな思いを訴えるタケシを見て、
ケニアは「俺にはできない」と、必殺技・ペンタフォースを使うことを拒んでしまいます。

ここを見て思ったんですよ。
これ、以前だったら絶対コサックの役回りだったんです。

子ども好きで子どもの気持ちを考えるあまりに非情になりきれない。それが初代コサックでした。

ケニアも子ども好きはそうなんだけど、おにいさんとして子どもを守るというよりは、
子どもと同じ目線で仲間になるタイプ。

わかりやすい例をあげます。

子どもたちが捨て犬を見つけたとしましょう。
初代コサックは「おにいさんが飼い主を探してやるよ」というタイプ。
ケニアは「犬小屋を作ってみんなで一緒に世話しよう」というタイプなんです。

初代コサックがいないので、次に子ども好きとういうことで、ケニアに振った話なのかなと思うけど、
なんか、違和感を感じて、初代コサックが抜けた穴は結構大きいかもと思いましたよ。

思い返せば、人情味とか優しさとか友情とかのパートを
ほぼ初代コサックが担っていましたからね。

あ、二代目コサックがダメとかいうことでは全然なくて、
神誠も彼なりにいい味を出しているんだけど、
(とりあえず、あのカーボーイスタイルだけで、何か突っ込みたい気持ちになるし)
なんか、こう初代コサックが抜けて、話がよくいえばシリアス、悪く言えば固めになった気がしますね。

あと、「バトルフィーバーJ」を見てて、
もうひとつ思うことがあります。

私、少しばかり「怖がり」の気があるんですが、
もしかして、怖がりの基本はこの「バトルフィーバー」で
培われたんじゃないかなと気がつきました。

以前、「口裂け怪人」の予告を見た後、
1週間口裂け女の夢にうなされたことは書きましたが、
実は夢に出てきたり、怖いと思ってた怪人は、
それだけではないのです。

小さいころ見たとき、ヒトデの顔をした「ヘンショク怪人」も、
実はかなり怖かった。
(大人になった今見たときは、怪人たちの中でも
かなりまぬけな方に入るタイプだとわかったけどさ)。

で、つい最近見た回に出てきた四面怪人と毒キノコ怪人も、
「そういえば、この人たちも小さい頃怖くて、夢にも出てきたな」と、
思い出しました。

私の怖がり気質はもしかして、この番組で作られたのかもしれません。

created by Rinker
講談社
¥1,176 (2020/10/24 18:51:59時点 Amazon調べ-詳細)

================================

~最近のライティングのお仕事~

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

取材・インタビュー・ライティングのお仕事承ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください