心ゆくまでたくさんまぐろが楽しめる築地の「刺身BAR河岸頭」まぐろ尽くし丼

河岸頭

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

お仕事の打ち合わせで築地に行ったので、前から行ってみたかった、「刺身Bar河岸頭」で、まぐろ尽くし丼という素敵なランチをいただいてきました。

築地の「刺身Bar河岸頭」

河岸頭

築地駅からトコトコ歩いていけるところにあるビルの地下にある「刺身Bar河岸頭」

店内はカウンターといくつかのテーブルがあり、決して広くはない。私が行った日は、お昼どきだったのですが、天気が悪かったせいかカウンター席はかなりすいていました。

まぐろが心ゆくまで食べられるまぐろ尽くし丼

いただいたのは、まぐろ尽くし丼

河岸頭

ヅケ、赤身、中トロ、なかおち、ブツなど、まぐろがふんだんに入った丼です。

マグロって、お刺身食べるとき、必ず食べはするけれど、たくさん食べられないことが多いですよね?

刺盛りの中に二つ三つとかしか入ってないので、大勢で行ったら、一切れ食べられたらいい方って感じで。

一度、マグロを心ゆくまでたくさん食べてみたかったので、このまぐろ丼はなかなか感激ものでした。

実際食べてみての感想ですが、まず、私はこの手の丼ものって、ごはんは当然酢飯だと思ってたんですが、酢飯ではなかったです。そこは、ちょっと残念でした。

けれど、まぐろとご飯が半端なくおいしかったです!

肉厚で柔らかくて、ああ、久しぶりにマグロらしいマグロ食べたわ~!とぐっと来ました。

そして、食べ進めていくと、なんと、丼のそこにいくらやしらす、そして、蒸し海老が! これはうれしいサプライズでしたね。

ご飯もすごくおいしくて、やわらかすぎないお刺身にぴったりの炊き具合で、おいしいおいしいとあっという間に食べてしまいました。

はい、丼もお味噌汁もまるまるきれいに平らげてしまいました。

海鮮の丼が充実している「刺身Bar河岸頭」

「刺身Bar河岸頭」はお寿司屋さんではなく、Bar。

なので、丼のご飯が酢飯でなかったこともそうですが、お寿司系というよりあくまでBarとしての海鮮ご飯って感じの丼ものが楽しめます。

まぐろ尽くし丼の他にはしらす丼とかネギトロ丼、海鮮丼、アゴ煮定食なんかもありました。

本当に美味しいまぐろが楽しめたので、またぜひ行きたいです。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 築地駅築地市場駅東銀座駅

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】 – Character JAPAN

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。 …

快盗×警察のスーパー戦隊最新作、元モー娘。工藤遥らキャスト発表でさっそくファンのハートを盗む

テレビシリーズ史上初の”W戦隊”作品として注目が集まるスーパー戦隊シリーズ最新作「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2月11日9時30分から)のキャスト披露イベントが都内で開催され、ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひさんやパトレン1号/朝加圭一郎役の結木滉星さんのWレッドなどフレッシュな面々が一堂に会しました。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第4号~特集・煌めくロシア|田下啓子|note

知的女子の隠れ家マガジン  ※期間限定でコンテンツをほぼ無料公開いたします

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。