岸田森さん演じる嵐山長官の演技は必見!「太陽戦隊サンバルカン」【特撮魂】


※この記事は、以前アメブロで書いたものを加筆修正したものです。

さて、「バイオマン」終了後、私が東映チャンネルではまったのは、「太陽戦隊サンバルカン」でした。

太陽戦隊サンバルカン VOL.1 [DVD]
東映ビデオ (2005-11-21)
売り上げランキング: 109,244

サンバルカンは戦隊もので一番トラウマが大きかった作品

「サンバルカン」については、リアルタイムで見ていたんですが、私にとっては、実はこの作品はトラウマでした。
何がかっていうとこの作品の悪の組織・ブラックマグマのメカ人間スパイ・ダークQ。
このダークQ、基本、人間の姿に化けて、出てくるんですが、その正体である機械の顔がすんげーこわくて。

小さいころから怖がりだった私は、当時、ダークQの顔が出てくると、あまりに恐ろしくて、その辺にあるもので、自分の顔を覆ってダークQの顔が画面からなくなるまで、ずっとテレビ画面みないようにとかしてました。
(これ、そんなこわいなら、そもそもなんで見てたんだよって話になるんだけどさ)

他にも、ブラックマグマのボスのヘルサターン総統の黒光りする姿とかブラックマグマの基地の形が黒い手だったりとか、なんというか、怨霊じみた怖さが悪役のみなさんのあたりに漂っててさ。

当時、すごくこわかったんですよ。だから、配信始まるって噂を聞いて、一瞬見るのをためらいました。
しかし…結局、見たい気持ちが恐れを上回りました。

何が見たかったかといえば…サンバルカンの司令官の嵐山長官を演じたのは名優・岸田森さんの演技。
私、当時は小さかったので、嵐山長官が名優さんとは知りませんでしたが、それでも小さいころ見ていた中で、よく覚えている司令官は、この嵐山長官なんですよね。

で、だいぶたった後、特撮系の本を読んで、嵐山長官が名優であり、そして、この作品が彼の遺作であったことも知りました。ということで、嵐山長官見たさに、見ましたよ。

ほんで、見た感想なんだけどね。

うん、怖かった。

少しやっぱり怖かったのは確か。

しかし…やはり、昭和の特撮は名作ぞろいです。おもろかった!

サンバルカンの見どころは名優演じる嵐山長官

まずは、とにもかくにも嵐山長官です。
・スナックサファリの気さくなマスター
・冷静沈着な司令官
岸田森さんはこの2つの顔をとても自然に演じ切っています。

ミリタリーテイストのある渋い戦隊もの

そして、その他にも、リアルタイムで見ていた幼いころには気づかなかった色々な面白さがありました。

「サンバルカン」は、国連サミットの配下にある特殊部隊で、戦士3人は将校さん。プロの兵隊さんたちなんですね。
その設定のもと、いろんなところで、ミリタリーテイストがある。戦隊の名乗りポーズなんかまさにそうですよ。
ちょうど、放映していた時期はまだ冷戦の時代だったので、そのあたりのリアルな風潮も取り入れられていて、ブラックマグマも、2つの国を争わせようとしたりとか、結構、巧妙に攻めてきてるしね。

私の記憶では、この後の「ゴーグルファイブ」で戦隊作品がより子供向けに健康的になってしまった感じがあります。
それまであった、刑事とか秘密捜査官とかそういう大人っぽいドラマのテイストがなくなっていってしまった。
そういう意味では、「サンバルカン」は、戦隊ものに大人の渋さがあった最後の作品だったかもしれない。

もちろん、突っ込みどころもあるサンバルカン

そして、もちろん、突っ込みどころも満載。

とりあえず、第一話で変身する前から、戦士たち、ブラックマグマに攻撃されてるし、
(つまりは、すでに正体がつきとめられている)
初回から、秘密基地にスパイがもぐりこんでたり、怪人が攻めてきてるし。
(つまり、基地の所在もばれている)
そのあたり、この部隊、そもそもだめなんじゃねーかとか。

基地の中に別にプールいらなくね?とか。
(美佐ちゃんのビキニ姿を見せたかっだけ?)

戦隊の名乗りの「輝け!」ってのも、それ、必要かしらとか、ちょっと思った。
(これから戦うのに、輝く必要はなくね?)

まあ、それはいいや。

あ、そして、私がどうしようもなくこわかったダークQも初回から登場していたんですが、大人になったので、なんとか、我慢できました。

「サンバルカン」は、嵐山長官以外にも名優がいらっしゃいます。
曽我町子さん演じる戦隊シリーズ史上最強の女ボス「デンジマン」のへドリアン女王が続投するという掟破りの楽しさもある作品なのです。

余談だけどバルパンサーを演じていたの、
あの小林朝夫さんなのよね。

ひょひょう。

あわせてよみたい関連記事はこちら

あわせて読みたい
『太陽戦隊サンバルカン』は嵐山長官、へドリアン女王 アマゾンキラー…とにかく脇役が際立っていた戦隊...
『太陽戦隊サンバルカン』は嵐山長官、へドリアン女王 アマゾンキラー…とにかく脇役が際立っていた戦隊...ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。YouTube配信で楽しみに見ていた「太陽戦隊サンバルカン」が最終回を迎えてしまいました。ということで、とりあえず「サ...
太陽戦隊サンバルカン
太陽戦隊サンバルカン

posted with amazlet at 17.06.24
(2014-07-11)
売り上げランキング: 67,560
S.H.Figuarts バルシャーク&バルパンサー セット
バンダイ
売り上げランキング: 88,873
サンバルカン・ロボ
サンバルカン・ロボ

posted with amazlet at 17.06.24
バンダイ (2006-04-24)
売り上げランキング: 227,118

================================

~最近のライティングのお仕事~

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

取材・インタビュー・ライティングのお仕事承ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。