【掲載】高橋一生さんも菅田将暉さんも素晴らしかった「おんな城主直虎」を振り返る(シネマズby松竹)

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」を物語で活躍した俳優さんから振り返る記事を「シネマズby松竹」で書かせていただきました。

高橋一生、菅田将暉…『おんな城主 直虎』を男たちから振り返る | シネマズ by 松竹

『おんな城主 直虎』は井伊直虎の生き様を描いた物語でしたが、同時に直虎のそばで彼女を支えた男たちのドラマでもありました。

私は、父が毎年欠かさず大河を見ているのでお付き合いして見ているのですが、昨年大ヒットした「真田丸」のあとを受けての「直虎」正直あまり期待していませんでした。

けれど、見始めたら、予想外に面白かったです。

同じ戦国時代を生き抜く当主、しかし、真田家と井伊家は全然その在りようが違っていた。

策略で相手をへこましたい、一矢報いたいというずる賢さが目立った真田家に対し、井伊家は民を守るためになんとか戦わない道を選ぼうとそのために頭をめぐらせていた。

個人的には、真田家よりも井伊家の在り方のほうが共感できました。

高橋一生さん演じる政次の「卑怯者といわれようと戦わぬ道を探す」という信念、弱虫で争いが嫌いで戦わずして土地を得るために慎重に策を練る阿部サダヲさん演じる家康の進み方などは、お手本にしたいと思いました。

卑怯者でも弱虫でもいい。それで、戦わずに共存できる道が選べるなら、それが一番いいってホント思います。

そして、物語の終盤は、菅田将暉さん演じる井伊万千代にもうすっかり魅せられてしまいました。

やんちゃでくそ生意気で、でも井伊家の跡取りとして、武士としての誇り高さにあふれている万千代。

徳川家の家臣たちに何度もぺちゃんこにされて、怒り心頭しながらも、そのたびに、今自分が何をすべきかをしっかり考えて一途に邁進していく彼の姿はとても気持ちよかった。

また、菅田将暉さんの演技が本当に素晴らしかった。生き生きとして表情豊かで変顔も真剣勝負でやっていて、彼のはじける演技が毎回本当に楽しみでした。

さて、『おんな城主直虎』ついに最終回です。

ここまで毎回「つづく」とおっしゃっていた中村梅雀さん、最後になんておっしゃるのかしら?

おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版 (2017-09-20)
売り上げランキング: 7,319
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた
菅野 よう子
SMJ (2017-08-23)
売り上げランキング: 1,754
呼吸(初回生産限定盤)(DVD付)
菅田 将暉
ERJ (2017-08-30)
売り上げランキング: 2,878

===============================

~最近のライティングのお仕事~

【写真満載】”お米の擬人化”に挑む! 舞台「ラブ米」田村升吾×星乃勇太×健人撮り下ろしインタビュー&稽古場レポ – Character JAPAN

日本のソウルフード・お米を擬人化したアニメ「ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-」初の舞台化作品「RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ 」。 穀立稲穂学園を舞台にひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまるの「ラブライス」5人に加え、ライバル米「ST☆RICE(スターリッス)」、「GAZEN …

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう

10月公開の映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団 」。「秘密結社 鷹の爪団」がハリウッドのスーパーヒーローであるバットマンやスーパーマンら「ジャスティス・リーグ」と共演し、 低予算で有名な鷹の爪団らしからぬ豪華な作品に仕上がっているというにわかには信じ難いうわさ が飛び交っています。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第3号「特集~妖怪たちの世界」 |知的女子の隠れ家マガジン| note

(null)

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。