六本木森アーツセンターで開催中の「ジャンプ展Vol.3」取材してきました。

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

六本木の森アーツセンターで開催中の「週刊少年ジャンプ展 VOL.3 ―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―」を取材して、「Character Japan」のほうでレポ記事を二本書かせていただきました。

【写真満載】ルフィにナルト、銀さんに殺せんせーも! 2000年代ヒーロー大集合「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」現地レポ – Character JAPAN

「週刊少年ジャンプ」50周年を記念して、同誌の創刊から現在までの軌跡を振り返る展覧会「週刊少年ジャンプ展 VOL.3 ―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―」が7月17日より、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーでスタート。 展覧会開催に先立ち行われた内覧会にCharacter …

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

一つは展示をたっぷり紹介した記事。もう一つは併設されたカフェで出しているジャンプとコラボしたメニューの試食レポートです。

試食レポートの方では、だいぶ遊ばせていただきました。

そもそも試食させていただいた「銀魂」のメニューがかなりヤバメの見た目だったもんで、「うわ、これどうしよう、全然かわいくない」(ごめんなさい)とか思ってたんですが、食べてみたらすごく美味しかった。

「僕のヒーローアカデミア」もデザートも甘くて癒やされました。

そして、ゴンさんのパフェはチュロスがとにかく長かった(笑)。

「ジャンプ展」、2000年台のヒーローたちが集結した充実の内容になっています。

生きたいと思っている方は、まずは、私の書いた記事でどんな感じかぜひ確かめてみてください!

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

山田洋次監督が現場で大爆笑!その理由とは?『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』徳永ゆうき インタビュー | シネマズ by 松竹

毎回平田家にうな重を届ける調子のいい鰻屋の店員を演じている演歌歌手の徳永ゆうきさんにお話を伺いました。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。