ヤチョラーになりました!「測量野帳』は取材ノートに最適

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

このたび、文房具好きの間で大人気の「測量野帳」に私もついにはまって、“ヤチョラー”になってしまいました。

測量野帳を取材ノートにつかってみたら…

先だって、コクヨハクでオロビアンコの柄の野帳を手に入れました。(ところで、オロビアンコって何?)

何に使うか特に決めもせず手に入れてしまったので、どうするかなあ、何に使うかなあ…と迷っていたんですが、とある取材の日、なんとなく、「今日はこれをメモに使ってみようかな」と思って何気なくリュックサックに入れて持っていったのです。

そしたら、持っていって大正解でした。使っていて、めちゃくちゃ快適。

何がいいって表紙が薄いけれどしっかりハードカバーなこと!

測量野帳

その日は、とあるイベントのレポート取材の仕事だったので、会場で、現場の様子やお話の内容をずっとメモをしていたのですが、現場に基本テーブルがなく、しかも、会場移動などもそれなりにあったんですね。

机がないところで書いたり、歩きながらメモをとったりしなくてはいけなかったので、表紙がしっかりとしている野帳はテーブルがなくてもすごく書きやすくて。

小さくて軽いので、移動するときもポケットに入れられたので、すごく取り出しやすくて、この日、野帳を持っていったことで本当に助かりました。

以来、すっかり野帳の虜になり、取材メモは野帳!と決めて、出かけるとき必ず持ち歩いています。

耐久性があり薄くて軽い方眼ノートの測量野帳

測量野帳は、もともと測量のために作られているノート。

中身も測量に適した種類があるそうですが、私は「SKETCH BOOK」と呼ばれている青い方眼のタイプを使っています。方眼ラブ。

測量野帳

測量のお仕事を屋外ですることを考慮して、屋外で片手で筆記しやすいように耐久性のあるハードカバーの表紙になっている。

ポケットに入れて持ち運べる小ささで薄くて軽いので、持ち歩きも苦痛になりません。

薄いので紙の枚数は決して多くはないと思うのですが、少なすぎることもない。

一冊216円と安いので、コスパも非常に優秀です。

まとめ

これまで、持ち歩き用のノートはずっとカ・クリエを使っていました。

カ・クリエも小さくて紙質もよくてぱたんと開いて、とても使い勝手のいいノートで、今でも大好きなのですが、より薄くて軽い、さらに片手でメモがとりやすいということで、取材ノートは測量野帳に正式に切り替えることに決めました。

野帳はいろいろと限定デザインも出ているので、これからいろいろ使って、立派なヤチョラーになっていきたいです!

コクヨ 測量野帳 スケッチ 3mm方眼 上質紙 40枚 1冊
コクヨ
売り上げランキング: 149,487

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。