Mixhostにブログをお引越し!移転代行サービスでラクチンにできました

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

このたび、このブログのサーバーを変更。ロリポップから、Mixhostへ移転しました。

2013年からお世話になったロリポップ

5年前、WordPressのブログを始めようと決めて、契約したのは昔から知っていてなじみがあり、デザインとかかわいいなと思っていたロリポップ。

当時は、どのサーバーが優秀だとか速度が速いとかそういうことはまったく知らず、調べようともせず、つまりは、そんなに深く考えずに選んだサーバーでした。

2013年の冬から、去年まで丸5年緒世話になりました。

その間、ロリポップは初心者向けだから、きちんとブログやるなら、エックスサーバーみたいな安定した大型サーバーを使ったほうがいい…みたいな話を、あちこちで嫌というほど聞きました。

なので、「いずれは移転したほうがいいのかな…」というのは、結構いつも頭の中にあったはあった。

けれど、ブログをサーバー移転させる作業は、死ぬほど面倒くさいということも聞いていたので、なかなか踏み切れませんでした。

そして、使い続けているうちにロリポップはバックアップをとれるようにしてくれたり、無料で独自SSL化できるようにしてくれたりと、いろいろとサービスを強化してくれまして、会社がサービスをきちんとしようとしている姿勢が感じられたので、まあ、ここでもいいかな…と思いつつあったのです。2018年の初めあたりまでは。

ロリポップからの移転を決めた理由は…

実は、ロリポップ、使い始めたときからずっと感じていた不満がありました。

それは、サイトの速度の遅さ。

自分のブログにアクセスするにも、管理ページに入るにも、な~んか微妙にアクセスに時間がかかるのが、ブログ開設当時から気になっていたのですが、「まあ、我慢できないほどじゃないし…」とちょっと自分をごまかしつつ使い続けておりました。

しかしですね。

去年から、仲間と始めたウェブマガジン「MIZUTAMA」

こちら、別のサーバーを使って始めたのですが、そしたら、サイトの速度が全然違うわけですよ。

サイトが表示されるのも、管理ページで投稿するのも、すべての動作が全然さくさく早くて。

人間、よりよい味を知ってしまったらだめですね。

サイトがさくさく動く快感を知ってしまったら、自分のブログの遅さがもうどんどん我慢できなくなってしまいました。

しかも、2018年になって、なぜかブログで頻繁に「500エラー」が出るようになって、そのあたりでも不満がたまってきた。

ということで、2018年末に、お引越ししよう!と気持ちが固まっていきました。

Mixhostの移転代行サービスを使ってブログを移転

前述した「MIZUTAMA」公式サイトに使ったさくさく動くサーバー。それが、今回、私が移転先として選んだMixhost。

出会いは、「寝ログ」さんのこの記事です。

恋に落ちるレンタルサーバーMixHostに惚れた理由

先日、 MixHost にサーバー移転をしました。 その後しばらくMixHostを利用し、性能を知り、速さを知り、使いやすさを知っていくうちに、もうベタ惚れになりました。 この感覚は、「恋に落ちるエディター」でおなじみの、Sublime Textを初めて使ったとき以来の感覚というか。 …

この記事を見て、mixhostに興味をもって、お試しもかねて「MIZUTAMA」のほうで使ってみたのですが、一年近く特に問題もなく、そして、とにかく速度が速いのが快適だったので、本家ブログもここに移転しようかな…ト思いはじめました。
そして、引っ越しを決断する決め手になったのは、移転代行サービス。

私は、移転を自分でやるのは、たぶん相当無理をしないといけないだろうとわかっていて、できれば自分ではやりたくなかったので、この代行サービスがあるというのが、かなり大きかったですね。

移転代行サービスで、難しいことは何もなくお引越し完了

年が明けてから、まず、Mixhostの10日間のお試しを申しこみ、あわせて、移転代行サービスも申しこみました。

Mixhostのホームページからお問い合わせたあと、Mixhostのスタッフさんに必要な情報をお知らせするなどの何回かのやりとりをして、移転作業は3日間くらいで完了。

その後、ネームサーバーの変更をして、それが反映されるまで1~2日かかった後、Mixhostで本契約をして、お引越しはすべて終わり。

ブログサーバーのお引越しって、なんだかすごく難しいことのように思ってたのですが、Mixhostが移転代行というとてもありがたいサービスをやっていてくれたので、私のような初心者でも難儀することなく引っ越すことができました。

というわけで、2019年、ブログ、新天地で改めて続けていきます。

果たしてここが安住の地になるのか…?

Mixhost、気になる方は、よかったら下記から見てみてくださいね。

スポンサーサイト



===============================

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

【写真満載】「カードキャプターさくら展」がラブリーすぎるっ♪ 充実展示&コラボメニュー興奮レポ – Character JAPAN

六本木・森アーツセンターにて開催中の「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」。キュートでファンタジックな展示&コラボカフェのラブリーなスイーツをご紹介!

【名探偵コナン】”安室の女”座談会で語りつくす! 「安室透」がこんなにも愛される理由 – Medery.

シリーズ史上最高額の興行収入を叩き出している『名探偵コナン ゼロの執行人』。そのヒットの原動力となった女性に絶大な人気を誇る安室透。彼の魅力はいったい何なのか? 今回は”安室の女”たちの座談会を決行。安室透や『名探偵コナン』への思いをたっぷり語ってもらいました

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。