蔵前の「カキモリ」でオーダーノート2冊目を作りました。

SPONSORED LINK

ごきげんよう、文房具ライターの愛(@ai_writer)です。

お仕事で、蔵前の近くまで行くことができたので、少し足を延ばして文具屋さんの「カキモリ」に行って、オーダーノートを作ってきました!

カキモリ

表紙・紙を自由に選んで作れる「カキモリ」のオーダーノート

カキモリは、楽しく書くための文具をたくさん置いている文具店。

このお店の何より素敵なサービスは表紙や紙を自由に組み合わせられるオーダーノートが作れるところです。

前回、行ってきた記事はこちら。

文具好きの聖地・蔵前の「カキモリ」でオーダーノートを作りました

2018年7月16日

この前回行ったときに、作ったノートがすごくよかったので、ぜひ2冊目を作りたいなということで、今回も訪れたのです。

オーダーノートでこだわったのは「フールス紙」

今回、カキモリで作ったオーダーノートはこちら。

カキモリ
サイズはB6 。前回は横だったので、今回は縦にしてみました。前回同様ゴムバンドつけた。これがあるとノートがぴたっとしまっていいんですよね。

裏地はピンクの布生地。

カキモリ

そしてそして!何よりこだわったのが中身
カキモリ

中身はフールス紙

前回も、このフールス紙にしたのですが、そのときは、紙がいっぱいあってどれにしていいかわからず、フールス紙は万年筆と相性がいい…と聞いていたので、これが無難か…くらいの感覚で選んだんです。

ところが…このフールス紙、本当に万年筆と相性よすぎた。

万年筆で書いてみたら、他のノートで感じたことのない、万年筆のペン先がいい感じにしなってなじむ書き心地のよさ。

万年筆で書くのがとにかく気持ちよくて、すっかりフールス紙のファンになってしまって、ぜひ、もっとフールス紙のノート欲しい!と思って、今回もカキモリに行ったのです。

前回は方眼だったのですが、今回はドット柄にしてみました。すみっこにカキモリのマークが入ってた。

カキモリ

オーダーノートが2冊になりました。

カキモリ

カキモリのオーダーノート、これで2冊所持することになりました。

何年か前は、カキモリに行くこと自体が憧れだったんですよね。文具好きにとって聖地のようなお店だってずっと行くのを夢見てた。

ところが、今はカキモリで作ったノートを2冊ももってる。

晴れて立派な文具好きになったような気が勝手にしています。

カキモリ、紙がたくさんあって書き放題だし、万年筆もたくさん試せて、今回もいろいろ試せて、次に手に入れたい万年筆のめぼしもつけました。

文具、それも書き物が好きな人には、本当楽しいお店です。

ただ、蔵前駅からちょい歩くんですよね。なので、いっぱいあるいて疲れました(笑)。

そして、ノート、ここのとこどんどん増えていくばかりなんだよね。どないしょう。

たのしく、書く人。カキモリ

「たのしく、書く人。」カキモリです。自分で紙を選んで作るリングノートや、天のりタイプのPADノートなど。自分のために、大切な誰かのために、「書く」ことを楽しむブランドです。kakimori Tokyo

あわせて読んでほしい関連記事

カキモリのローラーボールは、万年筆用インクの美しさが楽しめる極上筆記具

2016年6月28日

===============================

スポンサーリンク

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

【写真満載】「カードキャプターさくら展」がラブリーすぎるっ♪ 充実展示&コラボメニュー興奮レポ – Character JAPAN

六本木・森アーツセンターにて開催中の「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」。キュートでファンタジックな展示&コラボカフェのラブリーなスイーツをご紹介!

【名探偵コナン】”安室の女”座談会で語りつくす! 「安室透」がこんなにも愛される理由 – Medery.

シリーズ史上最高額の興行収入を叩き出している『名探偵コナン ゼロの執行人』。そのヒットの原動力となった女性に絶大な人気を誇る安室透。彼の魅力はいったい何なのか? 今回は”安室の女”たちの座談会を決行。安室透や『名探偵コナン』への思いをたっぷり語ってもらいました

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

================================

ライティングのお仕事承ります。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。