最低男があがく極上エンターテイメント『人間失格 太宰治と3人の女たち』(動画配信サーチ)【掲載】

SPONSORED LINK

本日、9月13日(金)から公開の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』。

「動画配信サーチ」にてレビュー記事を執筆しました。

百花繚乱!ギラギラにギリギリを生きた男の人生~『人間失格 太宰治と3人の女たち』

ギラギラしながらギリギリの狭間を生きた男・太宰治。

”人間失格”な人生であったのかもしれないが、それもまた一興か。

引用元:百花繚乱!ギラギラにギリギリを生きた男の人生~『人間失格 太宰治と3人の女たち』動画配信サーチ

映画を鑑賞し終えたときに、ラストを飾る言葉がすぐに浮かび、レビューの構想は、わりとすぐに固まりました。

蜷川監督の映像はビビッドでまぶしくて、その世界で生きる豪華キャスト陣もそれぞれ熱演。

特に主演の小栗旬さんは、本当に大変できつかったのではと想像しました。

酒と女に溺れて、自分を自分がどこかであざ笑い、生き様も死にざまも見世物にするような太宰治。

、最低男以外の何物でもないけれど、追い詰められながらも作家として書くことを捨てずにもがく。

最低男がもがいてはいつくばって書いて生きる、そのどぎつさと生々しさと儚さ、今思い返してもよく演じたなあと思います。

女優さんたちもみなあでやかで美しかった。

宮沢りえさんの安定感。沢尻エリカさんの華やかさ。二階堂ふみちゃんの体当たりっぷり。

太宰治はあまり好きな作家ではなく、映画の太宰も控えめにいってクズだったけど、映画は極上のエンターテイメント。

太宰と坂口安吾、三島由紀夫を読み返してみたくなりました。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。