「R1ぐらんぷり2020」ファイナリスト決定!パーパー推しなので、全力でほしのディスコさんを応援するよ

ほしのディスコ

ごきげんよう、お笑い大好きライターの愛(@ai_writer)です。

ピン芸人の祭典・「R1ぐらんぷり」の2020年のファイナリストが発表されましたね。

「R1ぐらんぷり2020」ファイナリスト一覧

メルヘン須長
マヂカルラブリー野田クリスタル
ななまがり森下
守谷日和
おいでやす小田
ルシファー吉岡
SAKURAI
ヒューマン中村
すゑひろがりず南條
ワタリ119
ほしのディスコ

今年は、ほしのディスコさんを全力応援します

ええ、いたって個人的な話ですが、今年のR1、ワタクシは、ほしのディスコさん推しです。

理由は、単純にファンだから。

ほしのディスコさんとあいなぷぅさんの男女コンビ「パーパー」が大好きです。

パーパーとの出会いはキングオブコントの決勝で彼らのネタを見たとき。

不思議と心に残ったネタで、ネタを書いているほしのディスコさんに「才能あるな、この人」と感じました。

その後、YouTubeでパーパーのネタを何本も見て、どんどんはまって、いつしか立派なパーパーファンに。

2020年は、パーパー推しで行くことを、今年始めたpodcastでも宣言してみました。

パーパーのコントは、モテない不幸そうな男子が翻弄されて自虐して…みたいな感じのが多くて、そういう「感じ」だけだったら、たぶん他にもやっている芸人さんはいるかもしれないんですが、
ほしのディスコさんが書くネタは、ときどき驚くようなハッとするようなキラキラした言葉があるんです。

ここで、定型的にいけばああいう言葉に違いないのに、そう来たか、この言葉を使ったか、こういう表現をするのか…ってびっくりする瞬間が何度もあって。

まだ粗削りだけれど、確かなきらめきがある。そんな作家さんに久しぶりに出会いました。

言葉の使い方、こだわり方に感動したのは、芸人さんでは、南海キャンディーズの山里さん以来のことで、久しぶりに山ちゃんに匹敵する逸材が出てきたと感じています。

というわけで、今年R1ぐらんぷりは、ほしのディスコさんを応援しようと決めました。

あ、ただ他に、ヒューマン中村さんとメルヘン須長さんも楽しみではあります。

特にメルヘン須長さんは、都内のお笑いライブで何度か生で見たことがあり、そのときから、物まねの確かな実力に感心していたので、ファイナリストに入ったというのを聞いて、やっとこの人のすごさに世間が気づいたんだなとにんまりしてしまいました。

今年は、お笑いが例年以上に楽しい感じがしている。

R1ぐらんぷりの決勝は3月8日だそうです。もう手帳にもしっかり記入しちゃったもんね。

ほしのディスコさん、がんばれー!

created by Rinker
¥330 (2020/11/30 15:39:09時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。