殺意って誰にでもあるものだと思う。

自分はわりと善人なほうだと思ってます。(腹黒であるけど)

ただ、この季節になると実感するのが、そんな自分の中にも殺意がある。間違いなく存在している…と。

夏になると、会ったが最後、殺すことしか考えない存在がいます。

その名は…「蚊」。

この時期、蚊が部屋に入ってきたら、もう殺ることしか考えないです。自分でぱちんとはたくか、蚊取り線香を炊くか。とにかくできるだけ早く始末しようと躍起になります。

ちなみに、殺す方法として、蚊って寒い季節には生きてないよなあと思って、蚊が出た部屋で思いきり冷房の温度を低くして、冷やして殺ろうと試みたこともあったんですが、冷房の冷たいのくらいだとダメみたいです。

蚊を始末するということは、つまりは動物の命を奪っていることになりますが、かわいそうだとか1ミリも思いません。

そのことにふと気づいたとき、ああ、殺意って誰の心にもあるんだなあと実感したわけです。

実は、私、今朝は蚊に起こされました。

蚊のぷーんて音が耳元で聞こえる、あの一番不快なやつで。

なので、今、自室で蚊取り器をつけております。一刻も早くおなくなりになっていただきたい。

この時期は、お庭も蚊のパラダイスなので、踏み込むのにちょっと覚悟がいります。

というわけで、庭のバラもわりと決死の覚悟で撮ってきたものです。

そろそろバラの季節も終わり。でも暑くて蚊がとぶ殺意の夏はまだまだ続きますね。

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

プロライターになるには?-書く仕事につながる10のヒント-

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。