システム手帳「クリップブック」を購入!システム手帳使おうと決めたら仕事の流れが変わったかも

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

今年になってシステム手帳を使ってみたくなり、最初はマークスのやつとアミファのカスタムノートを使ってたんですが、いずれもサイズ感などがちょっと自分にしっくりこなかったこともあり、ずっと気になっていたファイロファックスのクリップブック(A5サイズ)を手に入れました。

色はローズ。とりあえずのカスタマイズで、ダイソーで見つけたチャームをひっかけ、カスタムノート用のインデックスを入れてみました。

クリップブック、値段が手ごろで色もかわいくて気になってはいたのですが、欲しいと思った極めつけは、店頭の商品を手に取ってみたら触り心地がすごくよかったこと。

バインダーの素材、合皮だと思うんですが、すごくやわらかくて触って気持ちよかったので、ああ、これ欲しいなあと思って購入を決めました。

クリップブックはカスタマイズがしやすいのも人気の秘密らしくて、YouTubeとかインスタを見ると、表紙をかわいくしているユーザーさんがいっぱいいらっしゃる。私もそのうちやりたいと思います。

クリップブック、ブログより先に動画で紹介しました。

↑の動画でも喋ってるんですが、今年になってシステム手帳を使ってみよう!って決めたら、仕事の流れがたまたまなのか変わったんですよね。

メイン手帳のほかにもう一つ仕事用の手帳があったほうがいいよね…ということになっていって、つまりはシステム手帳が必要な状況に変わっていったというか。

で、実際使ってみたら、中身の順番を自由に入れ替えられるシステム手帳のよさがすごく役立って、今はかなり使うのを楽しんでいます。なので、偶然の必然でシステム手帳は私のとこに来たのかもしれません。まあ、ただのこじつけかもしれないけど。

ちなみにこの中身を入れ替えられるという点で、すごくよかったのがトモエリバーのリフィルを使えること!

トモエリバーのリフィルはレイメイ藤井さんの「デコナ」というシステム手帳用のやつ。トモエリバー信者ではないけれど、入れてみたらやっぱりすごく書き心地いいんですよね。ほぼ日手帳買うよりずっと手軽にトモエリバーを使えるのは、けっこうありがたいかも。

プロッターとかノックスとかアッシュフォードとかシステム手帳のブランドで気になるものは他にもあるんですが、ひとまずしばらくはこのクリップブックを使い倒していく予定です。

created by Rinker
filofax(ファイロファックス)
¥4,105 (2021/11/28 15:14:06時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

プロライターになるには?-書く仕事につながる10のヒント-

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。