古来ブログはカオスだった。でも、珠玉だった。

SPONSORED LINK

HIRO96_ukabukamo500

ごきげんよう、ライターの愛です。

日頃、読ませていただいているT.Murakami(@SY_SI_Murakami)さんのブログ「ブログのちから」の「ブログ黎明期のあの自由さは、いつごろ失われたんだろう。」という記事に、インスパイアされまして、書きたくなったことを書いてみます。

かつてブログは日記だった。だから、カオスだった

ブログなるものが登場したとき、まずそれを「日記」として使っていた人はとても多かったと思います。

私自身も、日記を書くツールがほしくて探していたとき、ブログに出会いました。

そして、それから、いつのまにかブログに夢中になって、いまだに続いています。

はまった最初の理由は、自分が日記を書くことが楽しかったから。

そして、同時にほかの人の日記を読むのが楽しかったからです。

当時、使っていたのは今はもうなくなってしまった「マイぷれす」というブログサービスでしたが、とてもいいサービスでした。
ランキングとかおすすめ一覧とかがとても充実していて、ほかの人の面白いブログが探しやすかった。

ただ、おすすめとか人気といっても、今と違って、それは有名人のブログではありませんでした。
それらの多くは、ハンドルネームで実名を明かさず書く日記や記録。

だから、とてもカオスだった。
読書記録だったり、映画の話だったり、ご飯の話だったり、人には言えない恋の話だったり。

スポンサーリンク

それを読むのがたのしかったんです。

「今日、どこそこで何を食べた」とかささいな日記でも、言葉から、生活して、がんばったり、悩んだり、楽しんだりと、伝わってくるものがあって、いろんな人のブログを楽しみにしていました。

時代は流れてブログはカオスではなくなった

あれから、時代は流れました。
そして、ブログはの世界はカオスとはいいきれなくなってきてしまった。

「ブログはこうあるべき」
「役立つことを書かないといけない」
「有名じゃない人が、ただの日記書いても、読まれない」

こんな言葉もよく聞こえてくるようになりました。

どれも一理あるとは思います。

でもね。そういうのを聞くたびに

・世の中にあるブログがすべて「こうあるべき」のラインにのってしまったら、つまらん。てか、ぞっとする。
・役立つことを書けたら、それはもちろんいいのだろうけれど、「役立とう」だけを狙って、自分が楽しくなくなったら、ブログ書くのがつまならなくなりそう。
・有名じゃない人がブログに日記書いたっていいじゃない。てか、むしろ、それが大好物なんですけど!

などと、思ってしまうわけです。

なにげない日記に珠玉の言葉がある

もちろん、だれが見るかわからないものだから、配慮は必要です。
でも、最低限の常識と配慮さえあれば、好きに書いていいと思うんだ。

なにげない日記、「役立つ」を目指して書いてない記事、有名人のものではないそれ。
これまで私が読んできたそういうものの中に、珠玉の言葉があり、私は、これまで素敵な言葉を、いろんなブログからもらってきました。
だから、ブログ読むのが今も大好きなんです。

もう、ブログはかつてのカオスだった時代には戻れないかもしれません。

でも、ブログの世界に、これから珠玉の言葉は存在していてほしいと思うのです。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。