今でもソウル・サーチンは続いている【noteからの転載】

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

最近、つぶやきとか日記に近いコラムをnoteにちょこちょこ書いているのですが、昨日書いたやつを転載してみました。

今でもソウル・サーチンは続いている

音楽は、昔からハードなものよりソフトな物が好き。

ロックよりはソウルとかAOR。ギターよりもピアノの音が好き。

クラシックが好きになってからは、クラシックが私の音楽キャパをかなり占めてしまったので、聴くことは減ったけれど、でも、今でもソウルミュージックが好き。
ソフトなメロディにジェントルな声。たぶん、歌詞をきちんと読んだらやらしいこと言ってるんだろうなと思いつつ(笑)、多感な10代の頃から、ソフトで甘く深い声で歌うソウルフルなアーティストたちの声に耳を傾けていた。

若手のソウルグループが乱立した90年台、ニュー・ジャックスウィングの時代、ボーイズⅡメンもハイ・ファイヴもブラックストリートも好きだったけれど、あの頃の曲で私のitunesで今もヘヴィロテしている曲といえば、troopの「spread my wings」。

チャッキー・ブッカーやレバートがプロデュースした1stアルバム「attitude」でデビューしたtroop。よくも悪くもニュージャックスウィング系としては、突出したところがあまりないといえばないけれど、いい意味でアクが薄いというか、ソウルグループにありがちなねっとりしすぎたところがなくて、どこか少年ぽい清涼感のあるさらっと聴けるソウル。

「spread my wings」は、彼らの代表曲。「翼を広げて飛んでいこう」という歌詞が物語っているように、決してねっとりしない軽やかなソウルフルポップ。聴いていると、ちょっとだけ心が軽やかになる。

夢中になっていた10代の頃ほどに、あれこれ探すエネルギーはもうなくなってしまったけれど、ソウルフルな音楽は今でも心を躍らせてくれる。

ペースはゆっくりになったけれど、今でも私のソウル・サーチンは続いている。

Attitude
Attitude

posted with amazlet at 18.05.02
Troop
Atlantic / Wea (1989-10-23)
売り上げランキング: 206,073

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】 – Character JAPAN

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。 …

快盗×警察のスーパー戦隊最新作、元モー娘。工藤遥らキャスト発表でさっそくファンのハートを盗む

テレビシリーズ史上初の”W戦隊”作品として注目が集まるスーパー戦隊シリーズ最新作「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2月11日9時30分から)のキャスト披露イベントが都内で開催され、ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひさんやパトレン1号/朝加圭一郎役の結木滉星さんのWレッドなどフレッシュな面々が一堂に会しました。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第4号~特集・煌めくロシア|田下啓子|note

知的女子の隠れ家マガジン  ※期間限定でコンテンツをほぼ無料公開いたします

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。