あなたにいてほしい(Now You’re Not Here)/swing out sister

※この記事は、以前アメブロで書いたものを修正したものです。

洋楽にはまったころから、ずっと好きなスウィングアウトシスター。

センスもいいし、きれいで品がいいし。
昔、雑誌のインタビューで「私たちは、自分が聞きたいと思うものを作っている」と、
ボーカルのコリーンが語っていたのが今でも印象に残っています。
そうだよねえ。音楽アーティストって、やっぱりそうあるべき。

自分たちの音楽に揺るぎない愛情がある彼らだからこそ、
音楽にぶれがないし、音楽がいつでも素敵。

日本では、たぶん彼らの最大のヒット曲は
ドラマの主題歌として日本だけでリリースされた「あなたにいてほしい」
だと思うのですが、しっとりして心地よい素敵な曲ですよね。

ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい
ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい

でも、この曲、邦題は「あなたにいてほしい」ですが、
原題は「Now You’re Not Here」で、
これは訳すと「いま、あなたはここにいない」
なんですよね。

だから、これは邦題は少しひねったことになるのかな。
「いま、あなたはここにいない」から、「あなたにいてほしい」と
想うわけだから、間違っているわけではないと思うけど。

「いま、あなたはここにいない」よりは、
「あなたにいてほしい」の方が、タイトルとして大衆に受け入れられるには
違いないので、あえてひねったのかもしれんが。

ただね。
昔から好きな私からすると、「あなたがいてほしい」は、
SOSのベスト曲では必ずしもないと思うのです。

とても素敵な曲だけれど、この曲一曲だけでは、
彼らの魅力をわかった気になっちゃいかんです。

彼らの出世作「break out」とか、
地位確立させた「you on my mind」とか。

私は、2ndアルバムに入っている「waiting game」が大好き。
この曲こそ、アメリカではそこそこヒットしたみたいなんですが、
日本ではなんで、売れなかったか不思議。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。