手帳が楽しい~SUNNY手帳(いろは出版)愛用中

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

私は手帳が大好きなのですが、今年は例年よりも手帳を使うのがよりいっそう楽しいです。

今年の手帳はいろは出版さんのSUNNY手帳。

マンスリーとバーチカルのウィークリー、そして、メモページがたくさんと、ウィッシュリストや見た映画のリストを書けるページなんかもあって、非常に盛りだくさんな内容です。

created by Rinker
いろは出版(Iroha Publishing)
¥3,132 (2019/05/23 16:05:42時点 Amazon調べ-詳細)

内容が充実しているせいか、毎日手に取っていると、ついいろいろやりたくなって、いろいろ書いたりカスタマイズしたりして楽しんでいます。

最近やったカスタマイズは、月のインデックスをはりつけること。

使ったのはミドリさんの「インデックスラベル チラット」。

名前のとおり、ちらっと見えるくらいの小さなインデックスなので、使っているうちにボロボロになるのを避けられそう。

再剥離シールなので、貼り直しがしやすくて、すごく使いやすかったです。

created by Rinker
¥302 (2019/05/23 16:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

マンスリーページ、スケジュールごろにブロックを色分けするのは、昔からやってたのですが、今年は他にも思いつくままにデコって自分のテンションをあげています。

端っこにはりつけているのは、日めくり付箋カレンダー「himekuri」。365日分ある中から、その月の気に入ったかわいいやつをペタッとつけてみてます。

created by Rinker
be-on
¥972 (2019/05/23 16:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

あとは、適当にマスキングテープをはってみたり。

スケジュール以外ですぐに開きたいページは、上からマスキングテープを貼って、インデックス代わりにしてみました。

マスキングテープといえば、今年初めて噂の持ち歩ける短いタイプ「kitta」も買ってみました。手帳に挟み込んでこれから使います。

メモのページには、お気に入りのものをたくさん集めたページを作ってみたら、2019年の上半期のお気に入り映画関係のページになりました。コナンはまだ見てないけど

見た映画リストのページでは、フリクションスタンプで評価もつけてます。今のとこ、今年のベストは間違いなく『シャザム!』ですね。

スポンサーリンク

と、こんな感じで、予定を書くだけじゃなく、映画を見た記録付けたり、グッズをいろいろはりつけていじくったりするのが、今、楽しくてたまらず、最近、手帳を開く時間が今まで以上に長くなりました。

私、実はこれまでは、ページが多い手帳や、あれもこれも書ける…みたいな手帳はあえて避けてきたんですね。

理由としては、

・ページが多くて重たくなるのが嫌
・ページが多いと1ページ1ページの紙が薄くなるのが嫌
・あれもこれも書けますって言われても、たぶん全部書けなくて、リア充じゃない自分を思い知らされるのが嫌

みたいなところです。

SUNNY手帳も、最初のうちはお店で手にとっても「ちょっと重たいかな」「こんなあれもこれも全部書かないし」と思って、買うのだいぶ躊躇してたんですね。

だけど、ゆるいバーチカルの感じがすごくいいなと思ってどうしても使いたくなって、購入しました。

そして、実際使ってみたら、思ってたほど重くないし、メモがたくさんあると、なくなるのを気にせずにあれこれ書けるし、観た映画のリストもフル活用しています。

実のとこ、使えていないページもあるにはあるんですが、それはそれでまあいいやって割り切っています。

なにより、今手帳を書くのも見るのも開くのも本当楽しいし、開くといろいろやりたくなって充実しているので、SUNNY手帳を買って本当によかったと思っています。

いろは出版さん、来年もどうぞこの手帳だしてくださいませ。

ゆるやかな時間軸でスケジュールを管理!自由度の高いゆるバーチカル「SUNNY手帳」

2019年3月2日

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

================================

ライティングのお仕事承ります。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。