2020年度の確定申告終了~今年はレターパック使いました

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

さてさて、もはや毎年恒例になっている、確定申告終了報告。

今年は3月1日に終わらせました。

今年は郵送で提出

去年までは、確定申告の書類、直接地元の税務署まで提出しにいってました。

なんでかっていうと、まず、会場で職員さんに控えに受領印押してもらって受け取ることで、「本当に終わった」感をしっかり味わいたかった。

あと、提出後にスタバによって、確定申告を終えたご褒美として、この時期必ずやってるスタバの桜の限定ラテいただくのが楽しみだったので。

ただ、今年はコロナ禍なので、さすがに人が密集する確定申告会場行くのはやめとこうということで、郵送にしました。

郵送はレターパックが便利でした

確定申告書類の郵送の際、私はレターパックライトを使いました。

普通郵便でももちろんできますが、楽したかったので。

確定申告提出書類は、意外とかさばるのでちょっと大きめの封筒を使いたい。ただ、そうすると郵便料金がわからないので、郵便局窓口で測ってもらうことになる。

それが、面倒だったので、レターパックライトを使うことにしました。

なお、私も使う際、確定申告みたいなときにレターパック使っていいのか?と迷ったので、そんな方のために今回調べましたので、情報まとめておきますね。

・確定申告の郵送方法は、普通郵便・普通定形外郵便・レターパックはOK。

・確定申告書類郵送にNGなのは、ゆうパック・ゆうメール・ゆうパケット・クリックポストなど

ということで、今回はレターパックライトで郵送しました。

書類をすっきり入れられて、窓口に行かずにポスト投函でOKでラクチン。

あと、もう一つ、レターパックは、追跡サービスが使えるのも便利。今回も、追跡して無事届いていることをしっかり確認できました。

今年の作業は実は意外と楽だった

確定申告、実は今年の作業は意外と楽でした。

というのも、去年コロナ禍で家にいる時間が増えたので、請求書やらレシートやらを整理する時間もできて、例年よりもまめに作業をしていたので。

結局はこれなんですよね。一年間の中でコンスタントにちまちまやっていれば、確定申告の時期が来たときに、レシートの整理に追われることもない。それは昔からよくわかっていましたが、横着していました。

なので、来年も楽できるように、今年になってからも今のとこちまちま整理を続けております。いつまで続く分からないけど。

なにはともあれ、今年も確定申告終わってホッとしています。

これからという皆さん、がんばってくださいね。

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

プロライターになるには?-書く仕事につながる10のヒント-

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。