「青天を衝け」第11回「横濱焼き討ち計画」あらすじと感想|栄一、ゴリゴリの攘夷になる。

大河ドラマ『青天を衝け』第11回のあらすじと個人的な感想です。

第11回「横濱焼き討ち計画」あらすじ

血洗島からいなくなった長七郎を探して熊谷の宿までやってきた栄一。長七郎は京に送られることに。そして、惇忠たちは自分らで攘夷に向けて行動を起こすべく横濱の外国人居留地の焼き討ちを計画する。この計画に乗り気になった栄一は武器や仲間を集め始める。一方、幕府では将軍の後見職となった慶喜が島津久光から攘夷の決行をせまられていた――。

第11回「横濱焼き討ち計画」感想|栄一、ゴリゴリの攘夷になる

栄一がついにゴリゴリの尊王攘夷派になった回。

渋沢栄一は、もともとは尊王攘夷派だったというのを、この大河を見始めて初めて知りました。明治維新後にあれだけ近代的なことをいろいろ起こしてきた人が攘夷だったんだ…というのがちょっと意外で。

先週まで心配だった長七郎はとりあえず命を落とすことなく京へ行くことになりましたが、一方で栄一や喜作、惇忠たちが自分たちの攘夷活動を本格的に始めた。横濱で焼き討ちを行うという穏やかじゃない話です。

そして、今回、栄一とお千代の間に初めての赤ちゃんが生まれたのに、はしかの流行で赤ちゃんは死んでしまって、しかし、それからまた2人目の女の子が生まれたにもかかわらず、栄一は攘夷の道へ進むために勘当してくれとお父さんに頭を下げる。

いや、これお千代ちゃんをほっていくのかよ、かわいそうじゃないか…というのが私は正直な感想。しかし、お千代ちゃんはなんと栄一と一緒に頭を下げて行かせてあげくれと頼む。うーん、それ本音なの?旦那さんが出て行ってしまうのはつらくないの?と疑問でした。

お父さんはさすがで、息子の分まで自分が百姓として邁進してやると栄一を旅立たせた。息子を自分の思い通りにしようとせずに行かせてあげるのは、大きな人だなと思う。

ただね、その栄一がやろうとしているには、横濱の焼き討ち。果たしていいのかね…?

『青天を衝け』これまでの感想

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

プロライターになるには?-書く仕事につながる10のヒント-

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。