まだまだコロナ禍だけど、結局、淡々とできる感染防止対策をやってくしかない

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

新型コロナウイルスの感染拡大、ここに来てまたちょっと広がってきてしまいましたよね。

もう、今年は、ずっと毎日の感染者数が気になって、ひやひやしてきて、正直疲れました。

今も、状態が悪化してるわけですから、もちろん不安は不安。

ただ、だからといって、できることは結局、手洗いや消毒など、自分にできるかぎりの感染防止対策をしていくしかないので、ネットニュースとか変に見すぎずに、お気楽にやっていこうと思います。

自分の経験から思うウイルスに感染して発症しない秘訣

私、フリーランスなもので、自分が倒れたら仕事を変わってくれる人が原則いません。

なので、冬になると、風邪やインフルエンザにかからないように…と、極力神経質になります。

コロナ禍になる前から、外から帰ったら手洗いは欠かさなかったし、除菌アルコール付きのウェットティッシュを大量に持ち歩いて、何かあると使ってました。

だがしかし、それでも、どうしてもウイルスもらって風邪やインフルエンザでダウンしてしまうことがありました。

そして、そういうのにかかるのは、いつでも決まって、自分が疲れているときです。

仕事で根詰めて、あまり休まないでくたびれている…そういうときって、身体の免疫がたぶん低下してるんでしょうね。これまで、いつもほぼ間違いなく、そうやってくたびれているところで、ウイルスに身体が負けてしまっていました。

昔、風邪をひいて寝込んで、治りが悪かったのでお医者さんのところに行ったとき、「みんな薬飲んだら治ると思ってるけど、違うんだよ。休まないと治らない」と、一喝されました。

こういう過去の経験から、風邪などにかからないようにするには、手洗いなんかももちろん大事だと思うのですが、それ以上に、
・過度に自分を疲れさせないこと
・ストレスを貯めないこと

が、健康でいられるなによりの秘訣だと思っています。

これはあくまでも私の考え方ですが、もう上の人たちはあまりあてならないと思ったほうがいいと感じてます。(冬になったら、また感染が増えるかも…というのは、前からいわれていたことなのに、なんか場当たり的だし、マスク会食とか5つの小とか、結局個人で対策してくださいねって言ってるだけですよね…)大胆な解決策は、一向に出て来やしない。おかげで、国民は春先からずっとコロナと経済不安に振り回されて、ストレスが続いてる。

結局、個人個人でできる感染予防をやっていくしかない。

手洗いやうがい、マスクと消毒。そして、疲れやストレスを貯めこまないこと。

不安になりすぎず、淡々とやっていこう。

今年の春に披露した下手な絵をまた貼っておきます。私の下手な絵を笑ったりバカにしたりして、ストレスがちょっとでも解消される人がいるなら、本望です。

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。